突然の雨でぐるぐる族に

突然の雨でぐるぐる族に

突然の雨でぐるぐる族に

今朝の天気予報では「雨が降ります」なんて言ってなかった。なので、完全に油断して、傘なんて持って出かけなかった。
私は雨女かも知れない。雨が降りそうな天気の時、傘を持って行けば、降らず。持って行かなければ、かなりの確率で降るのだ。
今日も出かけると、段々空が暗くなってきた。これはまずいかも、と思ったていたら、あっという間に雨が降ってきた。
しかも微かに雷も鳴っている。
慌てて、お店に飛び込み、意味もなく店内をぐるぐると回る。
ふと気付くと、同じように商品には興味がなさそうに、外をちらちら見ながら、店内をぐるぐる回っている人が何人かいる。
ぐるぐる族だ!
店内には傘も売っていたが、誰も買おうとしない。止むのを待ち、ひたすらぐるぐる回る。
ぐるぐる族たちはお互いに意識して、目で語りかける。もう止むかしら?もう少し待った方がいいかしら?
やがて、ぐるぐる族のひとりが適当な商品を買い、店を飛び出して行った。濡れて帰る決心をしたようだ。
さて、私はどうしよう?悩んだ末に私も濡れて帰る決心をした。
会計を済ませ、思い切って出る。たくさん雨に濡れ、家についた。家についてすぐに明るくなってきた。雨が止んだ。
う〜ん、やはり、雨女なのね。他のぐるぐる族はどうしたかな?少し気になる。


ホーム RSS購読 サイトマップ